【お肌の乾燥対策】洗顔の見直しが保湿への近道 !

「 シミやシワ 」 お肌のお悩みに対してエステメニューをしたくても、まずはお肌の状態が良くなければできない場合もあります。

お肌の状態が良い = しっかりと保湿されているお肌

エステメニューで、「シミ・くすみ」に効果の出やすいものは、ダウンタイム(ダウンタイムとは、施術を受けてから通常の生活に戻るまでの期間のことをいいます)が必要であったり、肌に負担がかかるものも多くあります。(ピーリングやレーザーなど)

お肌の状態が良くない時に、このような施術を受けることでトラブルが出てしまうことも。

もちろん、事前に適切なカウンセリングを受けることでこのようなトラブルを防ぐことができますが、肌状態がベストな状態 → しっかりと保湿されているお肌を日頃から作っておくことが大切です。

保湿されているお肌作りの基本はクレンジング・洗顔

保湿というとイメージするのは、 「 クリームや美容液など、保湿成分の入ったお化粧品をお肌に塗る 」 ではないでしょうか。

でも実は、クレンジングや洗顔が保湿の第一歩なのです。

お肌の基本は「洗顔」

ぜひ、洗顔料や洗顔方法の見直し、適量をしっかり使っているかを確認してみましょう。

寒い季節のお肌の乾燥対策・保湿

よくある洗顔の間違い3つ

  • 洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使用している
  • スクラブ洗顔などを頻繁に行う
  • ゴシゴシこすって洗ってしまう

「洗い上がりがさっぱりして気持ちがいい」「さっぱりしたのが好きだから」と、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使用したり、スクラブ洗顔などを頻繁に行うと、皮脂を取りすぎてしまい、本当はお肌に残しておきたい皮脂膜も取ってしまうことで、お肌の保湿力が低下してしまいます。

また、ゴシゴシこすって洗ってしまうとお肌を傷めてしまいます。ゴシゴシの刺激で、肌の表面バリア機能が弱まり、うるおいが保てなくなってしまいます。

洗顔が保湿された肌への一番簡単な近道

季節に合わせて洗顔料を変えるだけで、お肌の保湿力がグッとあがります。

エンビロンのクレンジングシリーズ

エンビロンですと、乾燥する季節にはクレンジングジェルからクレンジングクリームに。

クレンジングクリームは、泡が立たないクリームタイプです。

肌のうるおいを保ちながらメイクや汚れを取り除いてくれて、敏感肌・乾燥肌の方にもおすすめのしっとりとした洗い上がりです。

クリームタイプのクレンジングというと、まったりとしたクリームを想像されるかもしれませんが、エンビロンのクレンジングクリームにベタベタは一切ありません。

洗い上がりも全くベタつくこともなく、感触はさっぱりしているけどお肌はしっとりもっちりとします。

クレンジングを見直したら劇的にお肌が変わった ! というケースも少なくありません。

クレンジングの見極めが結果的に近道に。

クレンジング、洗顔の選び方や使い方など、スタッフまでお気軽にご相談くださいね。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!