紫外線予防の重要性

皆さんは一年中紫外線対策してますか?

紫外線は波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分けられます。このうち地上まで届いて肌に影響を与えるのは「UV-A」と「UV-B」の2つ。どちらも肌の老化に大きくかかわっています。

「UV-A」の特徴
地表に届く全紫外線の90%~95%を占め、UV-Bより波長が長いため雲や窓ガラスなどを通り抜ける性質があり肌の奥(真皮)まで届くのが特徴です。
【肌への影響】シワ・たるみ・シミ

「UV-B」の特徴
地表に届く光線量は少ないが、UV-Aに比べ波長は短いがその分エネルギーが強いことから肌の浅いところで炎症を起こしやすく、水膨れや強い炎症反応が出て色素沈着が残りやすいのが特徴です。
【肌への影響】日焼け・シミ 

雨、曇りの日は安全?
紫外線は天候に関わらず雨の日も曇りの日も降り注いでいます。『天気が悪いから日焼け止めはいらないか』と安易に判断しないように注意しましょう。

日焼け対策は常に意識しましょう
日焼け止めを塗らないでいると紫外線の特徴から家の中でも日焼けしてしまいますし、直射日光は日傘やサングラスで対策しているから大丈夫と油断すると反射した紫外線から日焼けしてしまいます。

紫外線は老化の原因

このように、日焼け対策を怠り紫外線を浴びつづけると「光老化」という肌の老化を引き起こす原因となります。この光老化は加齢による「自然老化」とは異なり、年齢に比例しません。
紫外線を浴びた量が多いほど肌の色がくすんだり、シミ、しわ、たるみが生じやすくなります。手の甲や顔と比べると露出度の低い太ももや腕の内側の肌の違いは明らかです。

【紫外線から肌を守るために大切なこと】
・季節や天気にかかわらず日焼け止めを使用。たっぷりと均等に多めに塗る。
・日焼け止めは汗や皮脂、こすれなどによって落ちてしまうのでこまめに塗る。
 口の周り、耳、小鼻など塗り残しがないかも確認。
・首、デコルテ、腕、脚など露出するところにも塗る。
・日傘、帽子、サングラスなどのアイテムを使用して頭皮や目も守る。
・紫外線を浴びた肌は乾燥するのでたっぷり保湿する。

容赦なく降り注ぐ紫外線からお肌を完全に守ることは至難の業。ダメージ予防として普段から抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eを含んだ野菜や果物を摂ることで体の内側からも紫外線対策を心掛けましょう。

サプリメントでのインナーケアもおすすめです。

紫外線予防の重要性

理想的な量とバランスで配合されたサプリメント

UVケアの商品もご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

                         ラヴニール神村
紫外線予防の重要性