毛の自己処理による肌荒れ

ムダ毛の自己処理による肌荒れ

今は男女問わずムダ毛のないツルツルの肌になりたいと思っている方が多いですよね。
私の高校生の息子もその1人です😅
夏は肌の露出が多いこともあり自己処理をする方も多いと思います。
自宅で簡単にできる自己処理の方法としてはカミソリ・シェーバー・毛抜き・除毛クリームなどが
ありますが肌荒れをおこす原因になるので使い方には注意が必要です。
サロンで脱毛している場合でも脱毛が終了するまで自己処理をしていく必要がありますが間違った処理の仕方をしてしまうと肌荒れして施術が出来なくなってしまったり出力を弱くして施術しなければならないなど残念なことに・・・
肌のコンディションを整えておくことで脱毛効果を高められるほか脱毛時のダメージを減らすことにつながります。
ムダ毛処理を正しく行うことで肌荒れを最小限に抑えていくことが大切です!

自己処理のメリット

・自宅で好きな時間にできる
・手軽で思い立った時にできる

自己処理のデメリット

・すぐに毛が伸びてくる
・触るとチクチクする
・肌に負担がかかる

自己処理はなぜ肌荒れするの?

毛の自己処理による肌荒れ

【カミソリ】       
カミソリを使用した後、肌の乾燥や赤みヒリヒリなど感じることがありますよね。
カミソリは直接刃をあてて剃るので皮膚を傷つけてしまう可能性が高く毛だけではなく表面の角質も一緒に削ってしまいます。
角質が剥がされると皮膚は乾燥し外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。 

【毛抜き】      
毛穴への負担が大きく抜けた毛穴に雑菌などが入り込むと炎症を起こしてしまいます。
毛抜きで眉毛などを処理した後赤みを帯びたり、白ニキビのようなものができた経験はありませんか。
軽度な場合は肌に刺激を与えず清潔に保つことで落ち着きますがひどくなってくると膿んで痛みをともなうことも。

【除毛クリーム】
カミソリなどで処理した後よりは手触りがいいので使用する方も多いかもしれませんが使用を続けると肌には負担になります。
薬品により皮膚表面の毛を溶かすだけでなく角質も溶かしてしまうため肌の弱い人が使用すると赤みやかゆみなどの症状が出たりします。

                

肌への負担が少ない自己処理の方法は?

毛の自己処理による肌荒れ
シェーバーを使う

カミソリとは違い刃が直接肌にあたらないので肌への負担が少なくクリームやフォームなどの円滑剤を使わなくても使用できるので短時間で自己処理ができます。傷を作りにくく肌に優しいため肌が弱く敏感な方にもおすすめです。
ただ他のアイテムと同様に使用頻度が多かったり肌の状態によっては肌荒れを起こす場合もあるので気をつけてくださいね。 

肌のトラブルを防ぐには?

ヒリヒリしたり赤くなってしまった場合は冷たいタオルで冷やします。
保湿剤で乾燥を防ぎ肌を保護しましょう。
炎症を起こしてしまった部位を洗う際は強く擦らず手のひらで優しく泡を滑らせるようにして洗うようにしてください。

ムダ毛はセルフケアでも処理できますが頻繁に行うことで肌へのダメーもあり、毎回時間がかかりますよね💦
サロンで施術を受けることで自己処理の手間から解放されるだけでなく肌トラブルも回避できます。
脱毛することで顔も体も美肌を手に入れることができるのでムダ毛に悩んでいる方はお気軽にお問い合わせくださいね。

                         ラヴニール神村

毛の自己処理による肌荒れ